Just another WordPress site

うつ病とカウンセリングの関係について

未分類

うつ病というとカウンセリングがイメージされるほどこの二つは関連付けられて語られることが多いです。医療機関側からするとカウンセリングの効果というものが科学的に分かりやすい形で実証されているわけではないのですが、うつ病の患者側からの要請が非常に大きく、病院側がサービスの向上の一環として導入しているというのが現実です。患者の側がカウンセリングの行えるところと行えないところがある場合、行えるところを選択す

" (続きを読む...)

うつ病と睡眠の関係について

未分類

うつ病と睡眠には密接な関係があります。
うつ病になっている人は不眠であることが多く、不眠が続いてしまうと、症状が悪化してしまう原因になります。また、うつ病になってしまう可能性もあるのです。うつ病の睡眠障害のパターンの大半は2つに分けられます。夜、しっかりと眠ることが出来なかったり、朝目覚めても気分がすっきりしなかったりする熟眠障害と、夜中に目が覚めてしまって眠れなくなってしまう早期覚醒です。
どち"

" (続きを読む...)

うつ病の薬の服用について

未分類

うつ病に限った問題ではないのですが、薬物療法のコントロールが上手くいかない人が多いという問題があります。医師が必要であると判断して処方しているにもかかわらず、状態が少し良くなってくると自分の判断で薬をやめてしまい状態が改善しないと言う人が少なくないのです。うつ病の場合に服用する薬には副作用がある場合が多いため、出来るのであれば飲みたくないと考える人が多いのですが、そこで医師の指示を守らずに自分の判

" (続きを読む...)

うつ病の治療方法の今について

未分類

うつ病という病気は特殊なものです。世界中でうつ病という病気があるということは認知されていますが、そのうつ病を外部からの科学的所見により診断する方法が現在のところ存在していないのです。現在ではその診断方法は本人からの問診と医師の診察によって分類的に病名が付けられるに至っています。そのため原因が特定されないために治療方法にも様々な種類の物が生まれました。
例えば医師による精神療法やカウンセラーによる心"

" (続きを読む...)

うつ病の原因について

未分類

うつ病は様々なことが原因でなってしまう病気です。原因は大きく分けると、環境要因と身体的要因に分けられます。身体要因には、慢性的な疲労、感染症、月経前や出産後、更年期などによるホルモンバランスが変化したこと、脳血管障害などがあります。環境要因は人間関係からくるストレスや、環境の変化からくるストレスがあげられます。それは辛いことだけとは限りません。もちろん、身近な人の死や離別、家庭内の不和などもありま

" (続きを読む...)